ダイヤビルレディースクリニック

当院の歴史

昭和11年 桑名市に水谷産婦人科設立開業する(院長 先代 水谷榮夫)

(左)先代院長の故水谷榮夫と現院長栄彦先生の写真です。(戦後)桑名にありました。
水谷産婦人科はお産の往診を車で北勢地区を駆け回っておりました。

(右)昭和11年に開業しました、水谷産婦人科の写真です桑名にあった旅館をリノベーションしたそうです。当時の助産師さんが写っています。
桑名は明治期から宿場町として栄えておりました。(戦前)

昭和15年 水谷産婦人科医院 改修・増床する
昭和19年 先代院長 榮夫先生 軍医として召集され中国へ赴く 一旦休院とする
昭和20年 桑名の空襲で全て焼失する
昭和21年 復員する 山本病院(旧山本総合病院の前身)の産婦人科医師として勤務する
昭和23年 水谷産婦人科を再建し再開業する

昭和23年 水谷産婦人科(戦後)

昭和40年 現院長 大学病院での勤務と並行し 先代 榮夫先生の診療補助を開始する

水谷産婦人科 昭和40年代

昭和55年 現院長 浜松医療センターへの赴任に伴い 榮夫先生引退され、休院とする
平成16年 現院長 水谷栄彦 名古屋大学退官と同時に名古屋市名駅にダイヤビルレディースクリニック( 1号館3階 )を開業する
平成17年 現在の場所へ移転(2号館1階)