ダイヤビルレディースクリニック

不妊・不育専門

当院の治療内容

より優しい不妊治療をこころがけております。
こころにもからだにもなるべく負担をかけない、一組一組の悩みや気持ちを十分カウンセリングし的確にアドバイスを行うクリニックです。

いかに妊娠するかだけでなく、妊娠して安全に出産し、素敵な家庭を築くためにはどうやって医師として寄り添うべきかを真剣に考え、取り組んでいます。

特定不妊治療の対象医療機関でもありますので、助成金の申請などのご相談もお受けいたします。

当院での治療の流れ

Step1

紹介状なしでも大丈夫です。
(平日午前診12時台や夕診18時以降、また土曜日は混雑することがございます。ご予約頂く方が待ち時間が少なくなる可能性があります。)また受診前に医学的なご質問がある場合は看護スタッフが、事務的な手続きに関しては受付スタッフが対応させていただきます。お気軽にメールやお電話にてお問合わせください。

Step2

  • ● 医師の初診
  • ● 看護スタッフからの追加説明
  • ● お会計

説明を詳しく聞きたい方はとことんしっかり説明させていただきます。また患者様のニーズにお応えして、必要な説明だけで充分の方は看護スタッフからの追加説明を簡略化することも可能ですので、「ある程度わかっている」とお感じになられた場合は遠慮なくお伝えください。

Step3

検査結果の説明は医師が行います。

はじめて不妊治療をする方

不妊初期検査を順番に進めていきます。検査が全て終わるまで1カ月かかります。

既に不妊治療をしている方

必要な検査だけ行います。

Step4

タイミング療法

タイミング指導による自然妊娠

  • 超音波検査(+ホルモン検査E2)
  • 排卵確認、黄体機能確認
  • 妊娠判定
薬物療法

薬物療法による排卵促進と黄体機能不全の改善

  • 排卵誘発剤の使用検討
  • 超音波検査
  • 黄体補充の薬処方
  • 排卵確認、黄体機能確認
  • 妊娠判定
人工授精

精子を採取していただき、排卵に合わせて、子宮内に直接注入します。

【薬を使用しない場合】

  • 超音波検査
  • 人工授精
  • 排卵確認、黄体機能確認
  • 妊娠判定

【薬を使用する場合】

  • 排卵誘発剤の使用検討
体外受精 顕微授精

人工受精などをおこなっても妊娠に至らない体内での受精が難しい場合

  • 排卵誘発
    (1)完全自然排卵周期法 (2)簡易法 (3)アンタゴニスト法 (4)ロング法・ショート法 などがあり卵巣予備能力などを考慮して使い分けます。通院回数はこの中の何を選択するかで異なります。
  • 採卵→受精
  • 培養→新鮮胚移植 or 凍結保存
  • 妊娠判定

Step5

  • ● 妊娠5週で胎嚢が確認できます
  • ● 妊娠6週で胎芽が見えはじめます
  • ● 妊娠7週で胎児心拍が確認できます

妊娠成立後も当院で妊婦健診を受診していただくことが可能です。出産予定病院と連携を取りながら経過を見させていただきます。妊娠初期から出産予定病院で健診を希望された場合は妊娠7週以降でご紹介させていただきます。

当院の考え方

妊娠すること、出産することだけが目的ではありません。患者様、ご家族様の健康、安全を考え取り組みます。自然周期、タイミング指導から人工受精、体外授精、顕微授精など高度生殖補助医療まで対応しております。
わかりやすい説明の上、検査を行っています。

妊娠の成立には、

  1. 排卵が規則的に起こること、
  2. 卵管の通過性があること、
  3. 精子の数が一定量以上で膣内で運動能力があること

の3つの要素が必要です。

当院で行う検査や治療はすべてこの考え方に基づいて行い、治療方針を決定します。患者様と共に治療に取り組むにあたり目的を明確にすることが最善の道です。

妊娠に向けて検査を行いながら同時に治療を開始していきます。
治療は順序を追って段階的に行い、よい結果が得られない時には、次のステップヘとステップアップしていきます。

お願いしたいこと

基礎体温表を手書きでつけましょう。

患者さまご自身の体のチェックを毎朝していただき鉛筆で記入していただくことに大きな意味があります。排卵が規則的に起こることの確認となります。ご持参ください。

規則正しい生活を心がけましょう。

朝昼晩の三食の食事をしっかりとる。間食は控える。ストレスをためすぎない。適度に運動をする。趣味を大切にする。

当たり前のようなことですが、意外な近道かもしれません。生き生きと自分らしく過ごしながら妊娠にむけて取り組むことは良策と考えます。

妊活セミナーなごや(ダイヤビルレディースクリニック主催不妊治療勉強会)

前半は、より優しい不妊治療や知っておきたい妊娠のメカニズム、自然周期から最新不妊治療まで、わかりやすく説明します。後半は高度不妊治療(体外受精・顕微授精)のお話をします。不妊治療ビギナーからあるていど治療を行って高度治療へのステップアップをお考えの方にも知識の再確認として、とってもためになるセミナーになっております。

開催日

毎月第3土曜 17時00分~18時30分

参加対象
  • 不妊治療を希望される、もしくは受けていらっしゃる方全般
  • 体外受精を希望する、または受けていらっしゃる方

(お電話での予約が必要です。当院に通院されてない方もご参加できます)

内容

前半(約40分)より優しい不妊治療と妊娠のメカニズム

10分 休憩

後半(約40分)体外受精・顕微授精について

担当講師

副院長

費用

無料

場所

名古屋ダイヤビルディング1号館 133会議室

*ご予約は受付まで。事前の資料がございます。
*定員(30名)になり次第締め切りとさせていただきます。
ダイヤビルレディースクリニック【代表番号】052-561-1881

流産と不育症について

流産とは・・・

妊娠したにもかかわらず、妊娠の早い時期に赤ちゃんが死んでしまうことを流産と言います。定義としては、22週(赤ちゃんがお母さんのお腹の外では生きていけない週数)より前に妊娠が終わることをすべて「流産」といいます。妊娠12週未満の早い時期での流産が多く、流産全体の約80%を占めます。

不育症とは・・・

妊娠はするけれども、流産、死産や新生児死亡などを繰り返して結果的に子供を持てない場合、不育症と呼んでいます。習慣(あるいは反復)流産とほぼ同意語ですが、これらには妊娠22週以降の死産や、生後1週間以内の新生児死亡は含まれません。不育症はより広い意味で用いられています。

流産や不育症は最近の研究や調査で決してまれなことではないことが報告されました。原因はわからないことが多いですが、様々な方法で予防や治療が行われています。当院では流産、不育症のカウンセリングおよび妊娠期のサポートを行っています。