ダイヤビルレディースクリニック

診療案内

全ての女性があらゆる年代において、より快適に生活できる様にサポートしてまいります。不安や悩みに丁寧にお答えします。
安心して適切な治療を受けましょう。疾患や治療についてわかりやすく説明および治療をさせていただいております。

診察時間

診察受付時間 
10:00 ~ 13:00
9:00〜
16:00 ~ 19:00

ご予約無しでも結構です。いつでもご相談下さい。

※日曜・祝日は休診日とさせていただいております。

診察担当表

 
午前外来 栄太医師 院長 栄太医師 栄太医師 院長 担当医師  
手術 担当医師   担当医師 担当医師   担当医師  
午後外来一般 栄太医師 院長 栄太医師 院長 代務医師    
午後外来専門 院長 栄太医師 院長 栄太医師 院長    
採卵・胚移植 担当医師 担当医師 担当医師 担当医師 担当医師 担当医師 担当医師

診察科目

不妊・不育 専門外来 ( 午前診察は一般と同じ予約となります )

タイミング指導、各種検査 ( AMHは自費になります ) から体外受精・顕微授精の高度不妊治療を行っています。
また不育症の検査・治療・カウンセリングも行っております。担当医師のご希望ございましたらお申し付けください。当院は名古屋市特定不妊治療の助成対象機関であります。名古屋市以外の自治体の助成申請も可能ですのでお問い合わせください。

婦人科一般

おりものの異常、かゆみ、出血、月経異常、腹部痛、腹部の張り、
以前検診で筋腫といわれた、卵巣が腫れているといわれた、以前から貧血といわれている、
血圧が高めといわれている、子宮の脱出感、外陰部の違和感 抗ミュラー管ホルモン ( AMH ) をしらべてみたい。
妊娠できるか教えてほしい など

生理不順相談

月経がおくれやすい。
月経が早まりやすい。
にきび、油肌、多毛である。
旅行にあわせて月経を早めたい、遅くしたい など

子宮内膜症相談(生理痛、性交痛、腰痛、生理時以外の下腹部痛など)

生理になるたびに薬を飲んでいる。
生理になるたびに仕事に支障がでる。
生理になると便秘になる、下痢になる、体調が悪くなる。
以前内膜症といわれたが本当にそうなのかわからない。
ミレーナについて教えてほしい、はじめてみたい など

更年期治療

更年期症状を改善したい。
ホルモン療法について意見をききたい、はじめてみたい。

思春期外来

試験、修学旅行にあわせて生理をコントロールしてほしい。
月経発来がない。
体調管理が困難。

性感染症(クラミジアなど)

性感染症のチェック。
おりものの異常、陰部の痛み。
パートナーが抗生剤を飲むようにいわれた。

産科(妊婦健診)

妊娠反応検査をしてほしい。
妊娠反応検査で陽性が出た。
初期健診から承っています。里帰り分娩先のご紹介承っております。

各種検診(子宮がん検診、乳がん検診、骨密度測定)

・子宮頸がん検診
・子宮頸がんワクチン接種
・子宮体がん検診
・乳がん検診

名古屋市 子宮頸がん検診・骨粗しょう症検診 
クーポン使えます。

ピル(低用量経口避妊薬)処方

・低用量ピル
・緊急避妊ピル
・ミレーナ

産婦人科小手術 流産手術 人工妊娠中絶術

人工妊娠中絶

胎児が母体外で生存できない時期に、人工的に妊娠を中断させて胎児を母体外に出すことを人工妊娠中絶といいます。胎児の発育を認めなかったり、母体内で死亡してしまって体外に出す場合は、流産または流産処置とよばれ、人工妊娠中絶とは違います。人工妊娠中絶は母体保護法に準拠し行われます。人工妊娠中絶が法律的に可能なのは、妊娠21週6日までです。ちなみに当院にて手術可能な週数は妊娠初期の12週未満までです。

手術前に注意すること

安全に手術をするためには、現在の健康状態を正直に伝えてください。過去にぜんそくなどの病気の有無、出血しやすいかどうか、麻酔がかかりにくかったことがないかどうか、なども伝えましょう。手術や盲腸の既往も重要です。
血液型を証明するものがあれば持って行きましょう。もし血液型がRh陰性であれば、次に妊娠出産する子に黄疸が強く出ることがありますから、中絶手術後に特別な処置を必要とします。血液型が分からないときは検査をしてもらいましょう。念のために保険証も持ってきてください。

同意書

同意書が必要となります。当院規定のものがあります。
中絶には、相手がわからない場合や、死亡や病気、行方不明などで意志を確認できない場合を除いて、母体保護法という法律で本人と配偶者あるいは相手男性の両方が署名・捺印した同意書が必要です。未成年でも本人と相手の同意だけでいいのですが、保護者の同意が必要な場合もあります。

中絶手術の実際

妊娠初期(11週頃まで)
胎児はまだ小さいため、子宮の出入口を人工的に開いて、中の胎児や胎盤を吸い出します。出産の経験のない方では子宮の入り口が硬いため、前日にラミナリア桿あるいは当日にラミケンというものを子宮口に入れて(所要時間は1-2分)、ゆっくり開く処置をすると安全に手術ができます。手術は外来通院で行い、通常半日ほどで帰宅できます。手術は通常静脈麻酔を行います。所要時間はだいたい5分くらいです。

手術当日の注意

・静脈麻酔をするので、必ず朝から絶飲・絶食しましょう。
・帰宅するときの運転は危険ですので、車を運転していくのは止めましょう。
・当日は体を締め付けるような服装は止めましょう。
・当日は化粧やマニキュアはしないようにしましょう。
・持って行くものは、生理用ショーツ、大きめの生理用ナプキンです。
・術後は体が不安定ですので、帰宅時は付き添いの人に迎えに来てもらいましょう。

手術後の生活

手術後1週間はできる限り無理をしないようにし、陰部は常に清潔に保つようにしましょう。無理をすると回復が遅れたり、子宮内膜炎や卵管炎などを起こす可能性もあります。
処方された薬をきちんと飲んで、ゆっくり身体を休めましょう。
術後、順調に回復しているかどうかを診るため検診がありますので、指定された日に必ず病院に行きましょう。
出血が長引いたり、発熱、下腹部痛などの症状がある場合は、検診の日まで待たずに、なるべく早く医師の診察を受けるようにしましょう。
医師の許可が出るまでは、セックスやスポーツは禁止です(通常は10日から2週間)。
手術後の月経は1ヶ月~1ヶ月半ほどで来ます。 月経が来る前に排卵がありますから、避妊を怠ると、次の生理を待たずに再び妊娠してしまうということもありますので、くれぐれも気をつけるようにしましょう。

帝王切開術・子宮筋腫手術・卵巣嚢腫手術・子宮脱手術

入院管理また全身麻酔が必要な手術に関しては、患者様のご希望に添えれば当院の連携病院(オープンシステム)に院長あるいは栄太医師が出向し手術・処置することが可能です。ご相談ください。

患者様の相談内容で多い項目

  • 月経時痛
  • 性交痛
  • 腰痛
  • 排卵時期の下腹部痛
  • 更年期の検査をしてほしい
  • ミレーナについて知りたい
  • 出血 月経不順
  • 挙児希望
  • 結婚して1年たつが子供ができない
  • にきびができやすい
  • 貧血気味である
  • 月経時血液の塊が出る
  • 子宮筋腫と言われた
  • 不正出血
  • 無月経
  • 妊娠検査薬で陽性が出た
  • 生理の間隔が遅れてきた
  • 突然、上半身が暑くてほてる
  • やる気が起こりにくい
  • 不眠気味である
  • 頭痛がする
  • 乳がん検診希望
  • 子宮がん検診希望
  • 子宮内膜症といわれた
  • 子宮がん検診で要精査といわれた
  • セカンドオピニオン希望
  • 妊娠に関するカウンセリング希望
  • おりものが黄色いにおいが気になる
  • かゆみがある
  • 外陰部痛
  • 外陰部にゴツゴツした隆起があり違和感がする